ブログ

blog

重量物輸送事業部門のお仕事の流れ【重量物 輸送事業 20200513】 | 武蔵ロジスティクス株式会社

武蔵ロジスティクス、重量物輸送事業部門の主なお仕事内容をご紹介します!

重量物のトータルプロバイダー 武蔵ロジスティクスより、重量工事業・技術サービス事業・重量物輸送事業・人材サービス事業と様々なジャンルからの事例をご紹介いたします。

『重量物輸送事業部門』のお仕事とは?

こんにちは。重量物輸送事業部門の浦です

重量輸送事業部門の一員にしていただいてはや数ヶ月、少しづつブログを書くのも慣れてきたかな❓❔というところですが、今回は、重量輸送事業部門の主なお仕事についてお話しします😉❕

まず、そもそも重量物輸送事業部門はどういう部門かと申しますと…

『トラックや移動式クレーンを使い、通常では運べない重量の商品を運搬し、荷捌きをする』ことを扱う部門です❢永井センパイ談

とても分かりやすく先輩が説明して下さったので、そのまま引用してみました😏。

お仕事の内容も、重機を使うだけあって通常の配送業で扱う運搬よりは大掛かりになります。さっそく実際にどういった作業をしているのか順にご説明します👇👇❕

お仕事内容~搬入から搬出まで~

重量輸送事業部門のトラックは、まず大田区昭和島ベース基地を出発した後、お取引先様や現地に向かい、商品をお預かりしたり、荷下ろし作業を行います。残念ながら撮影許可が得られなかったので、今回はここは割愛します😖。またいつかご紹介したいです!

 

 

 

 

 

ということで、ここからはお取引先様や、倉庫などからお預かりした商品📦を積んだトラックが帰ってきたところです。

 

 

 

 

 

トラックの荷台のあおりを開いて、商品を固定してあるベルト(ラッシングベルトといいます)をほどきます。作業を行う際には、安全のためにヘルメットと安全靴は必須です😌⛑😌。

 

 

 

 

 

商品を一つずつフォークリフトで荷下ろしして、大田区昭和島ベース基地内で保管します。

荷下ろし・荷積みの際に商品を傷つけてしまったりしないように、細心の注意を払って丁寧に作業を行っています。

 

 

 

 

 

トラックが次の現場に向かう、という場合も多いので、その場合は保管していた商品を積み込んで、

 

 

 

 

 

運搬中に商品が倒れたり崩れたりする『荷崩れ』を起こさないためにしっかりとラッシングベルトやロープなどで荷締めをして出発します😊。

 

 

 

 

 

もちろん運転も安全運転で❕行ってらっしゃい😃✋!

ここまでご紹介しましたのが、重量物輸送事業部門での一通りのお仕事の流れです。フォークリフトなどの重機を使う作業もありますが、最終的にはドライバーさんが直接、運ばれてきた商品の状態や荷締めの確認を行っています。今回お伝え出来なかった、お取引先様や現地での作業内容もまたいずれ🤔ご紹介したいです!

まとめ

今回は重量物輸送事業部門のお仕事の流れをお伝えしました。まだまだお伝えしきれないこともたくさんあるので、これからのブログでも引き続き当社についての疑問や業務内容、社内情報や豆知識などをお伝えしていきたいと思います、よろしくお願いします😄

 

武蔵ロジスティクスでは一緒に働いてくれる方を募集しております!

ご興味がありましたら是非👇下記リンク👇からご連絡ください。

https://www.musashi-l.com/recruit/requirements/

ご応募お待ちしております😊😊😊!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

お気軽にお問い合わせ・ご応募ください!

お電話でのお問い合わせ

03-5493-3000

【受付】平日08:00~19:00 担当:渡辺